援助交際は支払いは?

人気№1
SWEET LINE
>>SWEET LINEの詳細はこちら
人気№2
FirstMail
>>FirstMailの詳細はこちら
人気№3
家出@伝言板
>>家出@伝言板の詳細はこちら
援助交際は、援助の支払い方をめぐって人知れず様々な攻防戦が展開しているようです。

例によって、援助交際では「料金を支払うタイミング」などが挙げられます。

これは先払いにするか後払いにするかと言うもので、先払いにすれば女の子としてみれば安心できます。

というのも、男性と情事を済ませ、ホテルの外まで来たところで逃げられる心配が無いからです。

しかしこれは逆も然りで、男性にとっては先にお金を支払ってしまうと女の子に逃げられてしまう心配が浮かんでしまうのです。

こうした双方の言い分を聞き入れた上で、折衷案としてあるのが、「1回3万円」を「最初に1万5000円」「最後に1万5000円」支払うようにして、フェアな立場をとろうというものです。

しかしそうはいっても、女の子の中には頑として「先払いにして騙されないように身を守る」という人もいます。
shiharai
反対に男性の方では後払いにしたはいいが、「ホテル代を引いといた」なんて値段を勝手に下げる人もいます。

援助交際は個人と個人とのやりとりですので、なかなか公平な立場で交渉しようとしても相手を見下してしまっていたりするとすぐに騙されてしまいます。

基本的には、「ホテルに入った後に先払いをする」のが、援助交際でのルールとなりつつありますが、あらかじめ料金や払うタイミングについて話しておく必要がありそうです。

交渉が難色を示しているようであれば、そのままセックスに至ったところで、どこかうまくいかないことも多くありますから、思い切って破談にしてしまうのも一つの手です。

メル友から発展して援交相手へ…

そうなるまでに長い時間を要しますが、実際に数多くの援交カップルが成立しているのです。

中には、『そう時間はかからなかった』という経験をした人もいます。

ですが、そのように短期間の間で勝負にうち勝つ事が出来る事は、非常に珍しいケースだと思います。

『長くても不可能ではないんだ』という気持ちで構えて、相手にアプローチしていく方がおすすめです。

まず相手を見つける手段として利用するツールですが、無料のものであれば、どんなものでも利用してみれば良いと思います。

ただし無料の出会い系サイトを利用する場合は、サイトの利用規約にきちんと目を通し、安全性のあるサイトか否かをよく確認した上で利用しましょう。

最近ですと、つぶやきブログとしてすっかりお馴染みになった、『ツイッター』ですら、出会いの場として利用している男女がいると言うのです。

また長期戦になる事を考えると、有料サイトの場合ですと定額制サイトを利用する方が費用対効果があります。

当然ポイント制サイトの場合でも、早いペースで直メでのやりとりに持ち込む事が出来れば良いですが、それはなかなか難しいものになってきます。

そして最近では、出会い系SNSサイトの数も多くなってきています。

日記機能とチャットを組み合わせたもので出会うようなサイト(ほぼ有料)なども存在しています。

有料サイトを利用するなら定額制の一つに絞って、その他は色々な無料ツールを使い分けて、自分の理想の女性探しをすすめていく方が良いでしょう。

どんなツールを利用するにしても、焦りは禁物というこの掟を忘れないで下さいね。

aseriそして相手に信頼感を与えつつ、悩み相談を受けても親身になって意見してあげる事で自分の存在価値を上げていって下さい。
こうしているうちに、あなたの存在は彼女の中で唯一無二な存在に初めてなれた時、単にメル友という関係を卒業し、援交相手として次の段階へレベルアップするチャンスがやってくる訳です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ